スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一息… 日本の名機 その2 トヨタ2T-G

本題と本題の間に挟む口直しのつもりの「ちょっと一息」
大分ご無沙汰となってしまいましたが、日本の名機シリーズ
今回は世界中で猛威を振るったトヨタ2T-Gについて





1970年(昭和45年)9月、トヨタは2代目カローラに追加する形で新型エンジンを発表します
それがT型エンジンです。
20-engine-t.jpg
形式こそ従来のK型エンジンと同じ水冷直列4気筒OHVですが、排気量の拡大と高回転化を前提とした設計で
クライスラーのへミエンジンと同様のコンセプトを持ち
クロスフロー仕様、センタープラグ、半球形燃焼室という特徴を備え
カムシャフトの位置もブロック内にありながらプッシュロッドの長さを抑制でき高回転時に追従できるよう
ヘッドに近い高さにまで持ち上げた設計になっていました。

しかし本命はその後に出てくる車に搭載されて登場するのでした。

同年12月、カリーナとセリカを同時発表
その時トップグレードのGTに搭載されたのがDOHCヘッドを持つ「2T-G 」でした
l02_01_03_04_img01.jpg
T型エンジンと同時進行で開発されていたこのエンジンはシリンダーヘッドの開発をヤマハ発動機に委託
トヨタ2000GTの3M、トヨタ1600GTの9R同様量産ブロックのヘッドを変更する方法でDOHC化
こうして世界初の大量生産を前提としたDOHCエンジンが誕生したのでした。

何故DOHC化したのか?
それはトヨタの商売上の戦略「スポーツを付加価値として販売する」という事が第一で
当時DOHCは高級なメカニズムと認知されており廉価版を造れば売れる!という計算と
大量生産することによって3Mや9Rのような生産するほど赤字を生むという失敗を犯さずに済むという理由から
そしてモータースポーツの参加者へ高性能エンジンを安価に供給するという目的も暗に含まれていたのでした

そしてカリーナとセリカより軽量なカローラ/スプリンターへも搭載
2T-G搭載グレードはそれぞれ「カローラレビン」「スプリンタートレノ」と名付けられ
モータースポーツの世界でも猛威を振るい始めましたが

1973年(昭和48年)から段階的に規制が強まる排気ガス規制に対応するため
1974年(昭和49年)を最後に日本国内では一時販売停止
2T-Gは一時姿を消すのですが、海外では輸出を続行
後に4A-Gに交代するまで三国製PHH型ソレックス40φを2基装着した仕様のまま生産が続けられました。

そして2年のブランクの後1976年(昭和51年)に電子制御燃料噴射(EFI)と三元触媒装着により排ガス規制をパスした
2T-GEUとして復活、レビン/トレノに搭載され再び日本国内で販売が開始されたのでした。

その後昭和53年度排ガス規制にパスした仕様のまま生産が続けられ1983年(昭和58年)
カローラの#E80系へのモデルチェンジに伴い生産終了となったのでした

こうして量産車のエンジンとしての2T-G は幕を下ろしたのですが
ここまで大量生産されたDOHCエンジンは他になく量産車ベースのレース以外に
フォーミュラーカーのエンジンとしても使用される事が多々あり
特にF3という規格では世界選手権が掛けられているのもありワンメイクとは言わないまでも
参加者の大半が2T-Gエンジン搭載という事態になっていました。

多くのレーシングカーに搭載された中でも1994年(平成5年)にレース中のアクシデントで亡くなった
アイルトン・セナ氏がF3時代、マカオのF3レースで優勝したラルトRT3に搭載されていたのもトヨタ2T-Gで
F3におけるトヨタ2T-Gの占拠具合と実力の高さが伺われる一端でもあります。

さて、2T-Gにもスペシャルヘッドやバリエーションが多数存在するのですが
その中でも有名なのが2バルブ・ツインプラグ仕様の126E
これはターボ化されセリカLBターボとして実戦参加しており
7c11ff9b67.jpg
後に1800ccに排気量を上げ3T-GTとして市販されています。
…細かいこと言うと細部が違うのですが、母体になってるのは126Eのターボ仕様ですね

そして4バルブ仕様の151E
152E_e.jpg

その他カムの駆動を通常のチェーンではなくギアで行う方式の100Eなどもありましたが
日産とは違い自社チーム及びサテライト的なチームのみに供給しスポーツオプションとして市販されることはありませんでした。

その他、先述のF3用2T-Gのチューニング方法としてボアを広げ1750ccにした通称「イナゴ仕様」や
これにT型シリーズで最もストロークの長い13T用78mmクランクを組み合わせ2000ccまで排気量をアップした仕様などが造られ
サーキットやラリーだけに留まらず日産のL型軍団やマツダのロータリー軍団と激しく火花を散らしていたのでした
関連記事
スポンサーサイト

コメント

2T-Gと言えば

オイラが高校生の頃だったか、兄が買った初めての車が中古の71カローラの2ドアクーペ(GT)でした。
良い形してたなぁ・・・
レビン/トレノよりもマイナーだったけど

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。